仮想通貨

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」誕生

mastercard
tokyo2020

 

(株)bitFlyerと新生銀行グループの(株)アプラスは2021年12月1日、日本初となるビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」の提供を同日からスタートすると発表しました。

仕組みは単純で、「bitFlyer クレカ」を買い物や公共料金の支払いに使うだけ。利用額に応じてビットコインが自動的に貯まり、そのビットコインはbitFlyerで売却できます。

なお、「bitFlyer クレカ」に申し込むには「bitFlyer」の口座を開設する必要があります。

スタンダード(画像:PR TIMES)

プラチナ(画像:PR TIMES)

カードはスタンダードとプラチナがあり、ポイント還元率や年会費などが違います。また、ブランドはマスターカードで、Apple PayやQUICPayにも対応。

2022年3月31日まではスタンダードが2%、プラチナが2.5%とポイント還元率がアップ中!

スタンダード プラチナ
還元率(通常) 0.5% 1%
還元率(〜3月31日) 2% 2.5%
初年度年会費 0円 0円
2年目以降 0円 16,500円(税込)
※年間150万円(税込)の利用で年次度年会費無料
付帯サービス カード盗難紛失補償 カード盗難紛失補償
旅行傷害保険
ショッピングガーディアン保険
Mastercard Taste of Premium

ビットフライヤー口座開設とクレカの申請はこちら

 

広告
フォビジャパン(Huobi Japan)
PROFILE
CrypTomo
CrypTomo
編集長
NFTやメタバース関連のブログです。
What's New

最新記事

NFT

NFT

Crypto Currencies

仮想通貨

記事URLをコピーしました