仮想通貨

1,152本のNFT日本酒「雷鳥」|製造元は渡辺酒造店

tokyo2020

 

合同会社VUIKUは2022年10月1日、1本1本がNFTアートと紐づいた日本酒「雷鳥」を発売。同日からの1週間は、プレセールとして通常価格より20%オフで販売する。

雷鳥は1,152通りの異なるNFTアートがボトルにデザインされた日本酒。購入者はNFTアートと、そのNFTアートがデザインされた日本酒を得る権利があり、さらに購入者限定のコミュニティに入れる。

日本酒の製造元は、飛騨山脈の伏流水と旨みたっぷりの地元米「ひだほまれ」を中心に醸す清酒「蓬莱」、酒米違いを楽しむ「W」を製造している渡辺酒造店。今年で創業152年目を迎える。

同店は、これまでに経済産業省「地域未来牽引企業」やANAファーストクラスで供される日本酒として選定されるなど、地元・飛騨の経済活性化のための大きな役割を担っている。

■雷鳥の詳細
内容量:720ml
販売価格:10,000円(税込、日本国内への送料無料)
販売ページ:https://www.nft-sake.com

広告
フォビジャパン(Huobi Japan)
PROFILE
CrypTomo
CrypTomo
編集長
NFTやメタバース関連のブログです。
What's New

最新記事

NFT

NFT

Crypto Currencies

仮想通貨

記事URLをコピーしました