仮想通貨

SOSトークン申請方法を解説【OpenSeaユーザー限定】

SOS
bitbank

 

OpenSeaで取引をしていればSOSトークンをもらえると聞いたのですが、そのやり方は?

そもそもSOSトークンとは何ですか?

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・SOSトークンをもらう方法

・SOSトークンについて

本記事ではSOSトークンをゲットする方法を画像付きで説明します。

この記事を読めばOpenSea利用者はSOSトークンを申請することができます。

 

GMOコイン

OpenSea利用者がSOSトークンをもらう方法

SOShttps://www.theopendao.comにアクセス

 

②Connect Walletをクリック

 

③Openseaで使用しているウォレットを選ぶ
(Metamask、WalletConnect、Coinbase Wallet)

SOS

④ESTIMATE YOUR REWARDが表示される
※12,090,618 SOSは約80ドル(2021年12月31日時点)

SOSトークンのチャートはこちら

 

⑤CLAIMをクリック

 

⑥ガス代(約15ドル)
※取引量によってはガス代の方が高くなるので注意しましょう。

 

⑦ウォレットにSOSトークンを追加

metamask metamask

import tokens

カスタムトークン

コントラクト アドレス
0x3b484b82567a09e2588a13d54d032153f0c0aee0

シンボルと10進法は自動的に入ります。

Add custom token

SOSトークンとは?

SOSからわかるようにメインは詐欺被害者を救うためのトークン!

OpenDAOが2021年12月14日に発行したSOSトークンは、OpenSea利用者を対象にエアドロップ(無料配布)された仮想通貨です。

SOS

SOSトークンの20%は「OpenSeaで詐欺の被害にあった方々への補償、NFTコミュニティやアーティストのサポート、デベロッパーへの資金提供」などに利用されます。

総供給量は100兆トークンで、OpenSeaの利用者に50%、ステーキングボーナスに20%、流動性プロバイダーに10%が付与されるとのこと。

OpenDAOはOpenSeaとは無関係と明かしており、「NFTクリエイター、コレクター、NFTのエコシステムをサポートするために設立された団体」と説明しています。

 

OpenSeaで売買をして儲けている人からするとボーナスですが、詐欺にあった人にとっては保証金ですね。

私も詐欺被害にあっているのでSOSトークンは嬉しい限りです。

■その詐欺とは…

Wild Ape Gangという猿のプロジェクト

0.03 ETH

10,000の猿がランダムに生成

Wild Ape Gang公式サイトでミント

2,500くらいミントされた時に公式サイトやSNSが消える

 

SOSトークンは、2022年6月30日まで申請できるので、少しでもOpenSeaで取引をしている方は申請してみては?

なお、SOSトークンはBybitなどで購入することができます。

stockchart
やり方は簡単!Bybit(バイビット)口座開設方法Bybit(バイビット)の口座開設のやり方を画像付きで説明します。この記事を読めば誰でも簡単に数分で開設できます。...

 

\おすすめの取引所一覧/

 

Coincheck bitbank bitFlyer GMO
コイン
DMM
Bitcoin
  coincheck-logo-1 bitbank-logo bitflyer-logo gmo-coin dmmbitcoin
銘柄数 17 14 13 14 14
海外取引所
への送金
販売所
手数料
無料 無料 無料 無料 無料
取引所
手数料
無料 Maker:
-0.02%
Taker:
0.12%
※一部銘柄を除く
約定数量×
0.01〜
0.15%
(日本円)
Maker:
-0.01%
Taker:
0.05%
最低取引額
(BTC)
500円相当 販売所:
0.00000001
取引所:
0.0001
販売所:
0.00000001
取引所:
0.001
販売所:
0.00005
取引所:
0.0001
販売所:
0.0001
取引所:-
入金手数料 0〜1,018円 無料 0〜330円 無料 無料
出金手数料 407円 550/770円
(3万円以上)
220〜770円 無料 無料
送金手数料
(BTC)
0.0005 0.0006 0.0004 無料 無料
レバレッジ ×2 ×2 ×2
貸出
自動積立
  開設する 開設する 開設する 開設する 開設する

※2022年1月11日現在