仮想通貨

テンセット(TENSET/10SET)仮想通貨とは?買い方や収益も公開

stockchart
tokyo2020

 

テンセットってどんな仮想通貨?

テンセットインフィニティの収益を知りたい

テンセットの買い方を知りたい

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・テンセットの概要

・テンセットの特徴

・テンセットインフィニティの収益

・テンセットの買い方

本記事ではテンセット(TENSET/10SET)について、実際にテンセットを預け入れている筆者が分かりやすく説明します。

この記事を読めば、テンセットが注目されている理由が分かります。

 

広告
GMOコイン

テンセット(TENSET/10SET)仮想通貨とは?

テンセットの目的はETF(上場投資信託)の仕組みを利用し、仮想通貨と株の世界を繋げること。

ETF(Exchange Traded Fund)は上場している投資信託(プロ投資家に運用を任せる)を意味し、複数の銘柄で構成されています。

つまり、テンセットを保有していれば間接的に上場企業に投資ができるかもしれないということ。

stockmarket日本だとレアケースですが、発展途上国では審査が厳しいなどの理由で、銀行口座や証券口座を開設できない人が多くいます(つまり株式投資ができない)。

でも、仮想通貨取引所のアカウントは簡単に開設できるので、テンセットは購入できます(=間接的に株式投資ができる)。

Moreover, Tenset became the first official blockchain company registered in Albania. It is an enormous milestone and completes the legalization of our activity for the coming years.

参照:https://www.infinity.tenset.io/

実際にテンセット社は、ヨーロッパで最も貧しい国とも言われているアルバニアと提携しています。

テンセット(TENSET/10SET)の特徴

デフレトークン

テンセットは価格上昇を施すデフレトークンです。

 

テンセットの発行上限は2億1000万枚

手数料は2%(うち1%は燃焼、1%は保有者へ再配布)

最終的なテンセットの枚数は210万枚

 

燃焼することで希少価値が高まり、最終的には100倍(2億1000万÷210万)になるという計算。

加えて、ETFの仕組みを利用し運用してくれる。他の仮想通貨が暴落してもテンセットは生き残りそう?

そもそもテンセットは長期的なプロジェクトなので、短い期間で運用したい方には向いていません。

インフィニティ(Infinity)

インフィニティというサービスでは、テンセットを一定期間あずけることで、下記の仮想通貨を毎日ボーナスとして受け取る(エアドロップ)ことができます。

10SET、HERO、CFC、DESU、MMPRO、VEMP、LEON、AMA、SHIBIC、SPCY、XTRA、BES、RVC、LEOS、ZENR、WLTR、SELECT、IXIR、EF、MYL、GNX、SDT、G4G、DANCE、NBNG(将来的には100種類になるとか)

中には価格がついていないものもあり、一気に高騰する可能性も。

4つのプラン

プランはブロンズ、シルバー、ゴールド、ダイアモンドとあり、それぞれ最低預入枚数、ロック期間とボーナス%が定められています。

ブロンズ:100以上、6か月、0%ボーナス

シルバー:500以上、9か月、10%ボーナス

ゴールド:1,000以上、12か月、15%ボーナス

ダイアモンド:2,000以上、24か月、20%ボーナス

例)ゴールドで1,000枚を預けたら、実質1,150枚になります。

※途中でのプラン変更はできないが、新たにプラン加入はできる。

収益を公開

tenset infinity私はシルバープランを選び、計691枚=約24万円(約350円のレート計算)を預け入れ、2日で約230円分の報酬です。

エアドロップ報酬は月3,000円、1年36,000円くらい?

注意点

①報酬

報酬は自動的にウォレットに入るわけではありませんし、現実には手にしていません。

単純にインフィニティ上でエアドロップ通貨をゲットできる権利を得たにすぎません。

実際にエアドロップ通貨を得るにはWITHDRAW(引き出す)する必要があります。

 

②ガス代

ガス代がバカにならず、10SETを預け入れるときも0.03ETH(約13,000円)ほどかかりました。

 

エアドロップ通貨に関しては、いつでも引き出せるのですが、それぞれガス代がかかります。

10SETを引き出すならETH、HEROを引き出すならBNB(バイナンスコイン)という具合…。

※預けたテンセットは引き出せないがエアドロップされたテンセットは引き出せる。

tenset100種類とかになったら超面倒ですし、私はそもそもBNBを持っていないので、SafePalなどで交換しなければ(泣)。

一括で受け取れる仕組みになること、そして10SETの価格が上がっていることを願います。

ジェム(GEM)

テンセット社が「これは来る!」という仮想通貨をピックアップします。

everdome

今はエバードーム(everdome)が選ばれており、3,500枚のテンセットを1年間あずければエバードームを購入できる枠を優先的に獲得できます。

※インフィニティで3,500枚を預けても、エバードーム購入優先権を獲得できるわけではない。

 

以前はヒーロー(HERO)がピックアップされ、結果的に物凄く高騰しました。

しかも、今回のエバードームとヒーローのプロジェクトを手掛けているのは同じ人ということで、ツイッターでは「早めにエバードームを欲しい!」という人が多くいます。

ただ、エバードームがどこかの取引所で扱われ始めたときに購入でも、本当に伸びる仮想通貨であれば、十分な利益を得られると思いますが、果たして。

テンセット(TENSET/10SET)の買い方

テンセットは、ユニスワップでETHなどから交換するか、海外取引所のGate.ioで購入しましょう。

私はGate.ioにUSDTを持っていたので、売ってテンセットにしましたが、手数料を抑えられるのはユニスワップです。

uniswap

ユニスワップでの例

あとはテンセットをそのまま保有でも良いですし、テンセット公式サイト上でウォレットと接続して、インフィニティやジェムに預けるでもOKです。

テンセット(TENSET/10SET)のまとめ

2021年に始まったばかりのプロジェクトですが、発展途上国を中心に盛り上がっていきそうな雰囲気は漂っています。

テンセットに興味を持った方は、インフィニティのブロンズ(100 TENSET=約3万円)でお試しするのが良いかと…。

 

広告
フォビジャパン(Huobi Japan)
PROFILE
CrypTomo
CrypTomo
編集長
NFTやメタバース関連のブログです。
What's New

最新記事

NFT

NFT

Crypto Currencies

仮想通貨

記事URLをコピーしました